ホーム > Blog記事一覧 > 9月, 2019 | 住之江区・住ノ江駅・住吉大社駅 つかもと整骨院の記事一覧

エコー(超音波検査)の導入

2019.09.09 | Category: ブログ

 

 

当院では数か月前からエコー(超音波画像診断装置)を導入しました。

 

病院などでは当たり前にある機械ですが、整骨院で置いてあるところはあまり聞いたことがありません。

 

エコーの導入によって痛みの原因、損傷の程度などが観察できるようになり

より正確に根拠ある施術へとつなげることができます。

 

さらに患者様にも画像を用いて説明することで、わかりやすくご自身のケガの状態が把握でき

施術に対する安心感も出てきます。

 

 

エコーとは

 

骨や筋肉、靭帯などの観察ができ、肉離れ、靭帯損傷、関節炎、骨折など

『どこを』『どの程度』損傷しているのか観察するのにとても有用です。

 

リアルタイムで観察でき、筋肉や関節を動かしながらの観察もできます。

 

 

 

 

当院での実際のエコー画像、症例をご紹介します。

※患者様に了承いただきました。

 

症例

①かかとの痛み(足底腱膜炎)

正常

 

痛みがある場合

足底腱膜炎になるとエコー上では足底腱膜が分厚くなったり、

かかとの骨が波打っているように見えます。

 

 

②肩の痛み(腱板損傷)

正常

 

痛みがある場合

腱板を損傷すると筋肉の盛り上がりが無くなったり

炎症があると付着部付近に黒い靄(もや)がかかったような像が見られる。

 

 

③ふくらはぎの肉離れ

正常

 

痛みがある場合

筋繊維の連続性が絶たれ(途切れている)、

炎症によって周りに黒い靄(もや)がかかっているような像が見られる場合もある。

 

 

④ふくらはぎの肉離れpart 2

四十代男性、バレーボールのスパイクで踏み切った際に右ふくらはぎを損傷

正常

↓ 痛めていない左ふくらはぎ

矢印が指しているのが筋肉を包んでいる筋膜といわれるものです。

エコーでは白い線で確認されます。

正常な場合、綺麗な真っ直ぐな線が見られます。

 

痛みがある場合

↓ 痛めた右ふくらはぎ

筋膜が正常なものに比べ、真っ直ぐな線でない事が見られます。

線が途切れてモヤモヤっとしています。

これが筋膜が損傷しており「肉離れ」と言われるものになります。

 

1週間後

当院での治療を1週間行った結果、

途切れていた線が繋がり、モヤモヤが消えています。

この時には日常生活での痛みはなくなっていました。

 

しかし、正常なものと見比べていただくと

筋膜の白い線が分厚いことが分かります。

これは筋膜が硬くなっていることを示しています。

このまま激しい運動をすると再度肉離れを起こしてしまいます。

なので日常での痛みがなくなったからと言って治療を終えず、

再び肉離れしにくい体を作るまでが大切です。

 

 

エコーで診させていただいて、こちらでは対応が難しい場合は、

こちらの提携しているクリニックを紹介させていただきますので、

ご安心ください。

 

なるべく分かりやすく説明させていただきたいと思いますので、

もし、エコー検査をされたい方はお申しでいただければ、対応させていただきます。

お気軽にお声がけください。

 

2019.09.09 | Category: ブログ

【肩関節の勉強会をしました】

先日、肩関節の勉強会に参加しその内容の共有をしました。

野球肩、肩を上げると痛い、五十肩など….

肩関節は他の関節に比べ大きく動く関節のため、悪くなると様々な所に悪影響を及ぼします。

そして時間が経てば立つほど、筋肉が硬まり症状が悪化していきます。

痛くなり始めて1ヶ月経って症状が変化しないということは、

自然に治ることは極めてまれです。

 

そこで、

肩関節がどういう状態が危険なのかを書いていきます。

 

【肩関節危険度チェック】

ちなみにこの写真なんですが、この範囲で痛みが出る方は肩関節に何らかの

問題が考えられます。

手のひらを上にして、下から上に肩を上げて見てください。

 

どうでしたか?

痛みや硬さを感じましたか?

痛みや硬さがある方は肩関節が狭くなっている状態です。

なぜこうなるかと言うと、筋力低下や、筋力の硬さ、姿勢の歪み、日常から肩をあまり使わない。

 

このような状況が合わさると、いわゆる四十肩ように肩関節が上がらなくなったりという状態に移行されていきます。

放っておくとある日急に肩が上がらなくなるという事態になることもあります。

一度試してみてください。

 

【肩甲骨危険度チェック】

続いて肩甲骨です。

腰に手首を当てて、肘を胸の前に寄せつけるようにしてください。

どうでしたか?

この写真はあるスポーツ選手の肩甲骨の可動域です。

あなたはどこまで肩甲骨が動きますか?

この状態にするだけでも痛い。全然固くて動かない。

という方は肩甲骨がほとんど動いていません。

そういう方は肩こりが強くなったり、

呼吸が浅くなりイビキが強くなったり、眠りが浅い、寝ても疲れが取れない

という症状が出てきます。

 

さすがに上記のスポーツ選手までは難しいかもしれませんが、トレーニングをすれば関節を今より柔らかくすることは可能です。

 

肩甲骨が柔らかくなると、肩こりの軽減、眠りが深くなったり自律神経症状を軽減も期待できます。

 

そしてスポーツをされている方も、肩甲骨が柔らかくなると可動域が広がります。

 

野球なら肩が強くなり、球速が上がります。

サッカーなら手の振りが早くなり、早く走れるようになり、同時に転倒しにくい体になります。

テニスならテイクバックが大きくなり、強いショットが打てるようなったり、

コントロールをよくすることができます。

ゴルフならショットが安定し飛距離が伸びます。

このように肩甲骨という部位は色々な場所で働いてくれている、

とても大事なところなんです。

 

今の状態を一度ぜひ確認してみてください。

 

今回は肩関節、肩甲骨の危険度チェックを紹介させていただきました。

今回の動作をして、痛みがある方は即治療の必要性ありです。

 

痛みがなく硬さはあるという方は、症状を悪化させないためのストレッチや運動することにより悪化を防げますので、

当院に来られた際にお教えさせていただきます。

 

自分でトレーニングをするのは、面倒な人は施術でも柔らかくすることはできますので言ってください。

でもできればご自身でもやってください。笑

 

もし肩に痛みがある方はエコーによる検査もしていますので、より正確に判断をさせていただいて施術を行わせていただきます。

 

Lineからのご予約について

line-bnr

当院へのアクセス情報

<tr>
所在地〒559-0003 大阪府大阪市住之江区安立1-4-20
予約お電話・メールでのご予約が可能です
受付時間9:00〜12:40、16:00〜20:40
電話番号06-6675-3260
休診日木曜午後、日曜、祝日