四十肩・五十肩

四十肩・五十肩とは

肩の痛みといっても、四十肩・五十肩とスポーツでのものとはまったく別のものです。
スポーツでいう肩の痛みというのは、腕から肩の筋肉を無理に使いすぎたことによる筋や腱の炎症、あるいは肩の関節面がずれたり隙間が狭くなったりする状態をさしています。

これに対して、四十肩・五十肩は、ふだんあまり使っていなくてもおこります。これはなぜかというと、肩甲骨にその秘密があります。
足を動かすおおもとが骨盤であるように、腕を動かす根本となるのが肩甲骨であるわけです。
人間は歳を取るにつれ、内臓や血管のまわりに脂肪がつきだします。また、筋肉が衰え、骨や関節周辺の筋肉も少なくなり、動きが悪くなります。

肩甲骨周辺でも同じことで、肋骨の周辺についた脂肪によって肋骨が広がり、肩甲骨との隙間が狭く、滑りが悪くなります。こうして腕が動きにくくなり、それを無理に動かすことによって痛みが生じるのです。これが四十肩・五十肩といわれる痛みの原因です。

四十肩の症状とは

四十肩・五十肩というのは、一種の老化現象ですから、個人差はあっても誰にでもおきる症状といえます。だいたい40歳代~80歳代に始まります。ある日突然おきるような状態の場合は、数日から1週間程度で治ることが多いようです。

この四十肩は、痛みの程度にずいぶん差があります。肩に重さ、だるさを感じる軽度のものから、寝返りを打つのも苦しいといった重度のものまでさまざまです。一般に四十肩と言われているのは、比較的軽度のものをさしています。

四十肩を防ぐには

前述しましたように四十肩は老化現象からおきるものですから、完全に防ぐことはできません。しかし、日頃からの運動によってある程度老化を食い止めることができることはご存知でしょう。

現在の生活は、あまり肩や腕を使わなくてもすむようになっています。
運動不足が病気をおこしやすくするように、筋肉の不使用は体各部の痛みとなって現われます。四十肩に関していえば、肩甲骨を中心とした肩、腕、関節を動かす運動をすることが大事です。腕を回したり、負荷をかけた(少し重いものを持った)状態で体操をしたりといった具合です。

肩、特に背面の筋肉は老化防止にとって非常に重要なものです。
というのは、ふつう私たちが運動をする場合はどうしても、体の前面の筋肉、つまり胸や腹といったところに集中しがちで、背筋力が弱まり背骨が曲がりやすくなります。つまりお年寄りの姿勢である腰の曲がった状態になりやすくなるというわけです。

肩を動かす運動では、いつも背中にも注意して行うようにしてみてください。
すでに四十肩になっている人は、痛みがあるうちは無理な運動は控えてください。

【当院での治療法】

四十肩の多くは骨盤がねじれ、体がどちらかに歪みがあり、まずは骨盤の歪みを取り除きます。

HP 骨盤矯正 様子

肩とは関係ないように見えますが、骨盤矯正施術の1つです。

HP 腹部施術

次は手首の矯正です。

肩が痛い方は手首が内側に捻じれています。それを矯正するだけでも肩が上がりやすくなります。

HP 手関節矯正

次は四十肩でお悩みの方は肩こり、首こり、肩甲骨のこりで辛くなっていますのでほぐしていきます。

HP 施術スタート

最後に肩関節を直接触り、動く範囲を広げていきます。ソフトな施術で行います。

HP 肩の痛み

まとめ

人により多少の違いはありますがこのような過程で施術を行います。

多数の経験から、この施術方法が現時点で一番効果的だといえます。

四十肩・五十肩でお悩みの方。

放っておいてよくなるのは1週間までです。

ご参考ください。

 

Lineからのご予約について

line-bnr

当院へのアクセス情報

所在地〒559-0003 大阪府大阪市住之江区安立1-4-20
予約お電話・メールでのご予約が可能です
電話番号06-6675-3260
休診日木曜午後、日曜、祝日