ヘルニア

ヘルニアの大半は腰椎の椎間板ヘルニアです。
若い人に多く見られ、スポーツ障害としても多い腰痛症の代表です。

ヘルニアとはなにか

ヘルニアとは「とび出す」という意味で、おもに背骨の骨と骨の間にある椎間板の一部がとび出し、神経を圧迫した状態をさします。
一般にいうヘルニアとは椎間板ヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)をいい、その大半が腰椎部分のものですが、けい椎(首の部分)に出る場合はけい椎椎間板ヘルニアといいます。

ヘルニアは10代~40代の男性に多くみられる障害で、重いものを持ちあげたり、急に腰をひねったりするとおきやすい急性のものと、痛みが出たり消えたりする慢性のものがあります。

急性の場合は突然激しい痛みがおこり、動けなくなるほどですが2、3週間でおさまり、慢性化していきます。

腰椎椎間板ヘルニアの場合、腰部の痛み以外にも、お尻、もも、下腿にかけてしびれるような痛みがはしることが多く、筋肉の萎縮や低下がおこることもあります。

 

当院ではヘルニアの症状にはこのような施術を行っています。

こちら

 

Lineからのご予約について

line-bnr

当院へのアクセス情報

所在地〒559-0003 大阪府大阪市住之江区安立1-4-20
予約お電話・メールでのご予約が可能です
電話番号06-6675-3260
休診日木曜午後、日曜、祝日