坐骨神経痛

    • おしりがズキズキ痛い
    • 腰から足にかけてシビレがある
    • 病院で治療しても良くならない
    • 歩行がうまく出来ない
    • 1日でも早く改善したい

こんにちは、つかもと整骨院です。
私の整骨院で一番多く頂く言葉は
「あきらめなくてよかった!」
「もっと早く出会いたかった!」

です。

とても嬉しいお言葉です。

当院に来られるほとんどの方が
病院・整形外科を何件かまわって来られます。

そして、驚くことにそのほぼ全員が同じ施術を受けていたのです。

・痛み止めの注射
・シップ
・けん引
・薬を飲む

これでは8割以上の方が治ることはありません。

坐骨神経痛を引き起こす原因は大きく分けて6つあります。

これらは施術する側の問題でもあるのですが「原因」に着目せず、同じ施術しているのでほとんどの方が治らない現状があります。

1.椎間板ヘルニアによっておこる坐骨神経痛


体を前に倒すと、痛み・シビレが出てきます。
そのような兆候のときは椎間板ヘルニアが引き起こす坐骨神経痛の可能性が高いです。
日常生活での姿勢や背骨のゆがみ、腰への負担が原因で起こります。

腰の骨は5個あり、その間には椎間板と呼ばれるゼリーのようなクッションの役割をする軟骨があります。
腰への負担、背骨のゆがみなどが原因で椎間板が変性(形が変わる)を起こし、近くにある神経に触れ、腰の痛みやおしりや足のシビレを引き起こします。

2.脊柱管狭窄症による坐骨神経痛


脊柱管狭窄症の場合、腰痛や腰回りの筋肉の張り感があらわれます。
代表的な症状は歩いていると腰が痛くなり歩けなくなります。

腰を曲げて少し休むと、また歩けるようになる特徴もあります。

名前の通り、脊柱管が狭くなる状態のことで歩く姿勢(腰をそらす)をすることで脊椎に負担がかかり、結果的に脊柱管を通る神経が圧迫されて、腰痛、足にしびれや痛みが出るのです。

足があがらなくなってきたり、更に症状が悪化すると排尿障害、肛門周辺の熱感などの異常が現れます。

3.梨状筋症候群による坐骨神経痛


梨状筋症候群とはおしりにある筋肉の下を通る坐骨神経に対して、筋肉が緊張して硬くなったり、弛緩したりなどにより神経に触れ、おしりから足にかけて痛み・シビレを引き起こします。

座る時間が長かったり、スポーツや仕事での腰やおしりに強いストレスがかかる方に多く見られます。
軽い痛みではなく「ビリビリ」や「鋭い」痛みが特徴です。

梨状筋での圧迫でおしりから足裏まで症状が現れます。
梨状筋症候群では、筋肉はレントゲンなどでは映らないため、発見されづらいという現状があります。

4.腰椎分離・すべり症による坐骨神経痛


分離症とすべり症は別々の病気になります。

分離症は学生期に多く、スポーツで何度も腰を捻ったり、重たいものを何度も持つなどの繰り返しの動作で腰椎が分離します。

すべり症では姿勢の悪さによる「骨の変性や変形」、「筋力の低下」、「筋肉疲労」があり、特に姿勢の悪さというのが大きなポイントです。

特にすべり症というのは腰をグイグイ押したり、無理な力を加えないほうが治っていくので当院ではできるだけ体に負担をかけず、かつ効果絶大な施術法で行っていきます。

5.1~4が重なって出る坐骨神経痛

例えば、
椎間板ヘルニア+梨状筋症候群
椎間板ヘルニア+脊柱管狭窄症
梨状筋症候群+分離すべり症

など、重なって来られる方も多く来られます。
様々な神経テストを行い、原因を突き止め、最短で回復するようにしております。

6.原因が特定できない坐骨神経痛

テレビや新聞などでも取り上げられている「腰痛の85%が原因不明」という事実。
しかし、これはあくまで病院での見解であり、病院・整形でも良くならない腰痛・坐骨神経痛を日々みさせてもらっている私からすれば「原因不明の腰痛はない」と考えています。

病院での画像診断ではわからないことが多いです。

その結果、骨をみるレントゲンで異常がなければ原因不明、、、そして、骨に異常がなければ、止むを得ず梨状筋症候群という名がつけられます。

それでも利用者様側の納得が得られなければ、心療内科を勧められます。

そういった方の体を丁寧にみさせて頂くとこの3つのことに原因が隠れていることがわかりました。

1、体のゆがみ
2、硬くなった筋肉
3、内臓の疲れ

これらをパーソナルに見て行き、原因を突き止めます。

今、お伝えした6つの大きな原因を見極め、 それぞれに合った施術法で施術していきます。

坐骨神経痛を引き起こす動作や神経の検査、そして、痺れの出る場所により、どの神経に圧迫しているのかを突き止めます。

坐骨神経痛は悪化してくると、足のしびれ→足の痛み→足の麻痺となり、しびれは下に出るほど良くないのです。

しびれの感じ方は人それぞれで、
「ピリピリする」「熱い」「肉離れのような痛み」
と様々です。

でも確かなことは、時間と共に悪化する病気です。

当院では坐骨神経痛専門の施術を行っています。
痛みの出ている場所、原因というのは人それぞれ違うので、それらを的確に捉えてお客様に合った施術法を選択しています。

坐骨神経痛とはいっても1つの部分だけが原因の方もいらっしゃれば、体幹から施術しないと良くならない方もいます。

坐骨神経痛を引き起こしている部分を施術して通常の背骨・骨盤の形に戻すことも可能です。
根本原因を見つけ、施術していくことで痛みのない生活にいち早く戻ることができます。

5つのメリット
特徴1
簡単な問診で施術に入ったりされる病院や整骨院もありますが、当院では痛みがおこっている状態、症状、日常生活の状況、過去の怪我や手術などについての確認など、根本的な原因を探ります。そしてこれから何のためにどのような施術をしていくかのスケジュールをわかりやすく説明いたします。
特徴2
ゆがんだ体のまま生活をしていると、周囲の筋肉に負担がかかります。すると、その筋肉が悲鳴をあげたり、関節に負担がかかって痛みが発生するのです。つかもと整骨院では根本原因である体のゆがみにアプローチします。全体のバランスも見ながら施術していき、1度の施術で確かな効果を感じられます。
特徴3
従来の電気療法に比べ短時間で痛みを軽減できる事から、効果がその場で要求されるトップスポーツ選手の活躍する現場で用いられる事が多く、 ビリビリ感が非常にすくないので、安心して施術を受けていただけます。痛みの原因である最深部(根っこ)から施術するので驚くほどの早さで治っていきます。この施術は、欧米生まれの高電圧電流を用いる鎮痛効果の高い施術法として知られています。
3回続けて施術した方の96%が効果的だと実感!
(当院調べ 専門施術が必要な319名実施)
イチロー選手などのプロスポーツ選手たちも使用していることでも有名です!
特徴4
住之江区、住吉区ではたくさん喜びの声をいただいております。
その理由は、当院で行われいる毎月12回の技術研修会ではないか考えています。技術研修会は施術の技術、マナーの技術、あいさつの技術など全てにおいての技術研修です。この事により来院される利用者さんが、より質の高い施術を受けて頂くことができます。
いつでもより良い変化を求めてトレーニングしていますので、いつでも最高の施術を受けて頂くことができます。
研修会には他の整骨院からも参加されています。なぜ、このようなことをするかというと、色んな整骨院での良い施術の仕方、色んな考え方をより多く得るためです。この勉強会をすることによって、あなたの悩みにも「結果を出す」ことで貢献することができます。
特徴5
お仕事が忙しかったり、お子さんがいて難しい、そのような週末にしか通えない方のために土曜日午後も営業しております。今までのように平日に苦労して時間を捻出する必要はありません。あなたが施術に必要なのは施術技術はもちろんですが、通いやすさというのも大きく占めているんではないでしょうか。あなたのために土曜日午後も営業させていただいています。

【当院の治療法】

まずは骨盤矯正を行います。

通常、片側に坐骨神経痛は発症します。それは片側にゆがんで生活をしている為です。

座っている時に症状がでるのも特徴の1つです。

HP 骨盤矯正の様子

この施術は、坐骨神経痛で最も重要な施術です。

この部分を施術を行うことにより、当院では坐骨神経痛の症状を軽減してきました。

人によりますが、数年来のシビレが無くなる方も過去にいました。

ただ、この施術は難しい施術になりますのでむやみにこの場所を押さないでくださいね。

HP シビレ治療

坐骨神経痛の方はこのような、過程で施術を行います。

坐骨神経痛の方へ。

坐骨神経痛は放っておくと、最終的には歩行が困難になる方もいます。

ご遠慮なくご相談くださいね。

その一歩があなたの人生が変わります。

Lineからのご予約について

line-bnr

当院へのアクセス情報

所在地〒559-0003 大阪府大阪市住之江区安立1-4-20
予約お電話・メールでのご予約が可能です
電話番号06-6675-3260
休診日木曜午後、日曜、祝日