足底筋膜炎

こんなお悩み

お持ちではありませんか?

【足底筋膜炎】

  • 指がスムーズに動かせなくなった。
  • 指を曲げるとひっかかっているような感じがある。
  • 指を曲げようとするとバネのように伸びる。
  • 指の付け根の痛みが強くなってきた。
  • 指が曲がったままで、自力では伸ばせない状態。

当院の施術で、その症状は

改善へ向かいます。

当院で何年も試行錯誤して足底筋膜炎の治療方法がある程度

確立しました。

よほど症状が重度、通院計画通り来られない、ご自身のケアをされない

上記のことがない限り、改善することができるようになりました。

患部ばかりのマッサージ、電気、ハリ治療で症状が改善されない

そんなお困りの方は、一度当院の治療内容を一部ですが動画で説明していますので、

この治療を一度受けて見たいと思われた方はご連絡ください。

 

足底筋膜炎、かかとの痛み 治療方針

当院での治療方針を説明していきます。

皆さんかかとの痛みで悩まれている人が多いです。

多い年齢層、小・中学生のスポーツをしている子供、サッカー部の子が多いです。

あと、50、60代女性に多いです。これはあくまでも現場での事例です。

当院ではいろんなところの治療院や病院に通われて症状が改善せず

来院される方がほとんどです。

みなさん、このまま一生治らないのではないか?という不安を抱きながら

来られます。

患者さんに過去の治療を聞いていくと整形外科ではレントゲンで

「こつきょく(骨棘)」と言われた。こつきょくというのは患部

あたりすぎて骨がとがってくることを言います。

治療は痛み止めやサポーターを勧められる程度だということです。

整骨院では足の裏が硬くなっているからひたすらしてマッサージを

したりということをしていました。

と言う風に聞いています。

当院ではなぜかかとに痛みがでるのか?

まずそこから考えていきます

かかとの痛みはそもそも痛い場所であって原因では無いのです。

なぜかかとに負担がかってるかってことをまず考えないといけません。

当院では以前からサッカー少年が多くてかかとの痛みは以前から経験していましたので治療経験は豊富です。

なので治療方針が確率しています。

原因ははっきりしています。

筋力低下と姿勢の問題です。

反り腰といってお腹を突き出すような姿勢になっている人がほとんどです。

あと足首にも問題がありますので、この2点をしっかり治療をすれば

かかとの負担を減らすことができるので、

症状が改善していきます。

当院での治療間隔を守る、おうちでのトレーニング、サポーター装着などを

守りごとを正しくしてしてもらえれば改善しますので安心してください。

ただ、長時間放っておいた方は改善には多少の時間はかかります。

 

検査

骨盤の状態を検査します。

 

かかと位置を検査します。

 

治療

股関節周りを緩めていきます。

だいたいの方はガチガチに硬まっています。

股関節周りのストレッチもしていきます。

反り腰を改善するトレーニングを指導します。

 

サポーター

このようなサポーターを使い、足首を矯正します。

かかとの負担を和らげるため、かかとにクッションをいれます。

この状態を自宅にいる時、可能な限り外出時もしていただきます。

少しでも痛みの回数が多いと炎症を引き起こしますので、

なるべく痛みの頻度を減らし早く改善するためには必要なことです。

 

治療期間

早い方でも1〜2ヶ月程度はかかります。

重度の方だと3〜4ヶ月程度かかります。

筋力がついてこないと本当に治ったとはいえませんので

それぐらいはかかります。

かかとの痛みというのは、すぐに発症せず長い間蓄積させて

発症するものなので、体を正しい位置に矯正するとなると

それぐらいの期間は必要と思っていただいた方がいいです。

動画でも説明しています。

 

Lineからのご予約について

line-bnr

当院へのアクセス情報

所在地〒559-0003 大阪府大阪市住之江区安立1-4-20
予約お電話・メールでのご予約が可能です
電話番号06-6675-3260
休診日木曜午後、日曜、祝日