脊柱管狭窄症

腰の痛み、重さがある

お尻、太もも、ふくらはぎが痛み、しびれがある

長時間歩けない、前かがみの姿勢が楽

立っているだけで下肢全体がしびれてくる

病院で狭窄症の手術をすすめられた

手術しても良い噂は聞かないので絶対にしたくない

 

こんにちは、つかもと整骨院です。
つかもと整骨院はカラダの痛み・ゆがみ改善の専門院です。

開業以来、腰の異常や脊柱管狭窄症を抱える方からの

「整形外科や薬では治らなかった症状が良くなった」
「つかもと整骨院に行けば治ると聞いた」

というお声を多くいただいており、 おかげさまで利用者様のお悩みをたくさん解決することが出来ています。

まずあなたにお伝えしたいのは、 脊柱管狭窄症の発症の原因から逆算すれば正しく改善されます。

そこを考えずに

「シップで冷やして炎症を抑えましょう」
「痛みまで来ているので薬を飲みましょう」

となってしまうと、 根本的な原因を解決せずに その場しのぎになってしまいます。

私の元に来られる方の多くは

「他の整体・整骨院に行ったけどダメだった」
「どうやって治るのかわからずに諦めていた」

という方がほとんどです。

では、なぜつかもと整骨院に来られる方の多くが改善できるのかというとそれは生活習慣まで変えていくからです。

確かに施術がいちばん大切ですが痛み・ゆがみの起こった原因を知り、 早期改善を行うために あなたが気づいていないような事からも変えていきます。
多くの整体・整骨院ではそこが曖昧なために中途半端な指導になってしまい、うやむやに終わってしまうのです。

本当に利用者さんのことを考えると 私は1日でも1時間でも早く 早期改善をしてほしいと思います。

つかもと整骨院では痛み・ゆがみ専門ならではの 大阪ではここでしか受けられない施術を行っています。
関節のゆがみを改善する 専門の電療器などもあり、 一般の整骨院や整形外科では受けられない あなたに合った脊柱管狭窄症の施術を受けられます。

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症は、その名のとおり背骨の腰の部分にある脊柱管と呼ばれる神経の通り道が狭くなってしまうことで血行が悪くなり腰や下半身に重だるさ、痛み、シビレなどの症状が現れる病気です。

そのため多くの病院、整骨院ではこうした腰の病態に対して牽引療法や運動療法、マッサージ、外科手術などが脊柱管狭窄症の施術が行われているのが現状です。しかし当院ではこれまでの多くの治療経験から腰だけに対してのアプローチのみでは脊柱管狭窄症を治すのは難しいと考えています。

 

姿勢が大事!

脊柱管狭窄症の治療は上から頚、背中、腰、骨盤、足と全身のバランス、姿勢が大事になります。

実際に脊柱管狭窄症の方の立っているときの状態はどうなっているのでしょうか?

姿勢が猫背で前かがみの姿勢がよく見受けられます。それがどのような状態かというと、背骨を横から見たときに背骨は首の部分(頚椎)、背中の部分(胸椎)、腰の部分(腰椎)と分けられるのですが正しい本来の背骨の形は、頚椎前弯、胸椎後弯、腰椎前弯というS字状を呈していますが、脊柱管狭窄症の場合頚椎がまっすぐ(いわゆるストレートネック)、胸椎の後弯が強くなる(猫背姿勢)、腰椎の前湾が弱くなる(腰が曲がっている)、というS字が崩れた姿勢になってしまっています。

こういうふうにS字のカーブが失われてしまうと頭、上半身を支える、立つ、歩くなどした時の足からの衝撃の吸収をするという背骨本来の役目が果たせなくなってしまいます。

そうなると背骨にどんどんダメージが蓄積されてしいまうため、背骨の一個一個の隙間にある椎間板と呼ばれる軟骨(クッション材の役割をしてくれている)が損傷、劣化をしてしまいます。

そうしますと力学的に一番負担がかかってくるのが腰椎ですから、狭窄症の症状が悪くなっていく一方になってしまいます。

なぜ、脊柱管狭窄症の方は先程説明したような前かがみの姿勢を取ってしまうのでしょうか?

 

それは年を取るにつれて筋肉、骨の衰えも多少あるのですが、前かがみの姿勢をとると狭くなっていた脊柱管が広がるため足の痛みやしびれが出にくくなるためです。

どうしても楽な姿勢を取りたくなるものなのです。

そのため、実際に病院で前かがみになると楽にため普段から前かがみの姿勢をとるよう指示を受けたと言う方が当院とても多くいらっしゃいました。

しかしそれでは先程説明したようにそのばしのぎでは良いものの、腰に負担をかけて悪化させているだけなのです。

その場しのぎの一時的な症状の緩和をしていても症状が根治的に良くなるはずがありません。

狭窄症の症状が出てきた場合にはできる限り早い段階での当院への来院をおすすめします。

姿勢の改善は自分ひとりの力のみでしようとしてもなかなか難しいため、かと言ってほったらかしておくと症状の悪化を待つばかりです。

そうならないためにも脊柱狭窄症に詳しい当院スタッフが適切な施術を行っていきます。

 

 

当院では脊柱管狭窄症専門の施術を行っています。

痛みの出ている場所、原因というのは人それぞれ違うので、それらを的確に捉えて利用者さまに合った施術法を選択しています。脊柱管狭窄症とはいっても1つの椎間だけが原因の方もいらっしゃれば、体幹から施術しないと良くならない方もいます。脊柱管狭窄症を引き起こしている部分を施術して通常の背骨・骨盤の形に戻すことも可能です。

根本原因を見つけ、施術していくことで痛みのない生活にいち早く戻ることができます。

 

 

初回のカウンセリング・検査でしっかり原因を特定

簡単な問診で施術に入ったりされる病院や整骨院もありますが、当院では痛みがおこっている状態、症状、日常生活の状況、過去の怪我や手術などについての確認など、根本的な原因を探ります。そしてこれから何のためにどのような施術をしていくかのスケジュールをわかりやすく説明いたします。

地域最高水準の治療技術。一度の施術でも効果を実感できる

ゆがんだ体のまま生活をしていると、周囲の筋肉に負担がかかります。すると、その筋肉が悲鳴をあげたり、関節に負担がかかって痛みが発生するのです。つかもと整骨院では根本原因である体のゆがみにアプローチします。全体のバランスも見ながら施術していき、1度の施術で確かな効果を感じられます。

当院でしか受けられない痛み専門の超音波コンビネーション治療

従来の電気療法に比べ短時間で痛みを軽減できる事から、効果がその場で要求されるトップスポーツ選手の活躍する現場で用いられる事が多く、 ビリビリ感が非常にすくないので、安心して施術を受けていただけます。痛みの原因である最深部(根っこ)から施術するので驚くほどの早さで治っていきます。この施術は、欧米生まれの高電圧電流を用いる鎮痛効果の高い施術法として知られています。
3回続けて施術した方の96%が効果的だと実感!
(当院調べ 専門施術が必要な319名実施)
イチロー選手などのプロスポーツ選手たちも使用していることでも有名です!

研修の回数はどこにも負けません!

住之江区、住吉区ではたくさん喜びの声をいただいております。
その理由は、当院で行われいる毎月12回の技術研修会ではないか考えています。技術研修会は施術の技術、マナーの技術、あいさつの技術など全てにおいての技術研修です。この事により来院される利用者さんが、より質の高い施術を受けて頂くことができます。
いつでもより良い変化を求めてトレーニングしていますので、いつでも最高の施術を受けて頂くことができます。
研修会には他の整骨院からも参加されています。なぜ、このようなことをするかというと、色んな整骨院での良い施術の仕方、色んな考え方をより多く得るためです。この勉強会をすることによって、あなたの悩みにも「結果を出す」ことで貢献することができます。

土曜日午後も施術して通いやすい

お仕事が忙しかったり、お子さんがいて難しい、そのような週末にしか通えない方のために土曜日午後も営業しております。今までのように平日に苦労して時間を捻出する必要はありません。あなたが施術に必要なのは施術技術はもちろんですが、通いやすさというのも大きく占めているんではないでしょうか。あなたのために土曜日午後も営業させていただいています。

 

Lineからのご予約について

line-bnr

当院へのアクセス情報

<tr>
所在地〒559-0003 大阪府大阪市住之江区安立1-4-20
予約お電話・メールでのご予約が可能です
受付時間9:00〜12:40、16:00〜20:40
電話番号06-6675-3260
休診日木曜午後、日曜、祝日