オスグッド・シュラッター病

走ったり、ジャンプすると膝のお皿の下が痛い

立ったり、しゃがんだりすると痛い

膝を床につくと痛い

膝のお皿の下の出っ張りを抑えると激痛が走る

 

オスグッド・シュラッター病とは・・・

サッカーやバスケットボール、バレーボールなどを行う

成長期のお子様に多く見られるスポーツ障害の1つで、

主に膝のお皿の下に痛みを訴えます。

走る、ジャンプなどの膝の曲げ伸ばしを繰り返すことによって

太ももの前の筋肉『大腿四頭筋』の緊張が強くなり、

その筋肉が付着している膝下の骨『脛骨粗面』への負荷が強くなり、

炎症が起きて痛みが出るものをオスグッド・シュラッター病と言います。

 

施術内容

アイシング(冷やす)

まず、痛みを取るために炎症を抑えていきます。

痛めている箇所に炎症が起きていると熱を持ちます。

その熱感を抑えるため、10〜15分アイシングします。

 

超音波治療

炎症箇所に超音波を当てることで

より早く炎症を抑えることが出来ます。

筋肉をほぐす効果もあるため、

同時に太ももの前の筋肉『大腿四頭筋』の緊張も取っていきます。

 

筋肉、組織をほぐす

大腿四頭筋の緊張により痛みが出ているので、

手技でも緊張を取っていきます。

さらに痛みに伴い、他の筋肉も緊張したり、

お尻の筋肉や股関節などに硬さがあると

『大腿四頭筋』に負担がかかりやすい姿勢になるので、

同時にその負担を取り除く施術も行います。

 

固定(テーピング・サポーター)

圧迫することで患部への負担を軽減させます。

 

ストレッチ・トレーニング

現時点だけでなく、その後も患部に負担のかからないように、

あなたに合わせたストレッチ・トレーニングなどの

ご自身でも出来るケアもしっかりお教えします。

 

初回のカウンセリング・検査でしっかり原因を特定

簡単な問診で施術に入ったりされる病院や整骨院もありますが、当院では痛みがおこっている状態、症状、日常生活の状況、過去の怪我や手術などについての確認など、根本的な原因を探ります。そしてこれから何のためにどのような施術をしていくかのスケジュールをわかりやすく説明いたします。

地域最高水準の治療技術。一度の施術でも効果を実感できる

ゆがんだ体のまま生活をしていると、周囲の筋肉に負担がかかります。すると、その筋肉が悲鳴をあげたり、関節に負担がかかって痛みが発生するのです。つかもと整骨院では根本原因である体のゆがみにアプローチします。全体のバランスも見ながら施術していき、1度の施術で確かな効果を感じられます。

当院でしか受けられない痛み専門の超音波コンビネーション治療

従来の電気療法に比べ短時間で痛みを軽減できる事から、効果がその場で要求されるトップスポーツ選手の活躍する現場で用いられる事が多く、 ビリビリ感が非常にすくないので、安心して施術を受けていただけます。痛みの原因である最深部(根っこ)から施術するので驚くほどの早さで治っていきます。この施術は、欧米生まれの高電圧電流を用いる鎮痛効果の高い施術法として知られています。
3回続けて施術した方の96%が効果的だと実感!
(当院調べ 専門施術が必要な319名実施)
イチロー選手などのプロスポーツ選手たちも使用していることでも有名です!

研修の回数はどこにも負けません!

住之江区、住吉区ではたくさん喜びの声をいただいております。
その理由は、当院で行われいる毎月12回の技術研修会ではないか考えています。技術研修会は施術の技術、マナーの技術、あいさつの技術など全てにおいての技術研修です。この事により来院される利用者さんが、より質の高い施術を受けて頂くことができます。
いつでもより良い変化を求めてトレーニングしていますので、いつでも最高の施術を受けて頂くことができます。
研修会には他の整骨院からも参加されています。なぜ、このようなことをするかというと、色んな整骨院での良い施術の仕方、色んな考え方をより多く得るためです。この勉強会をすることによって、あなたの悩みにも「結果を出す」ことで貢献することができます。

土曜日午後も施術して通いやすい

お仕事が忙しかったり、お子さんがいて難しい、そのような週末にしか通えない方のために土曜日午後も営業しております。今までのように平日に苦労して時間を捻出する必要はありません。あなたが施術に必要なのは施術技術はもちろんですが、通いやすさというのも大きく占めているんではないでしょうか。あなたのために土曜日午後も営業させていただいています。

 

Lineからのご予約について

line-bnr

当院へのアクセス情報

<tr>
所在地〒559-0003 大阪府大阪市住之江区安立1-4-20
予約お電話・メールでのご予約が可能です
受付時間9:00〜12:40、16:00〜20:40
電話番号06-6675-3260
休診日木曜午後、日曜、祝日