テニス肘

こんなお悩み

お持ちではありませんか?

【テニス肘】

  • 運動をしているときに肘に違和感を感じる。
  • ドアノブを回す動作でも肘の外側が痛む。
  • サポーターをしているが一向に治らない。
  • 一時期治っていたが、痛みが再発してしまった。
  • 早くスポーツに復帰したい。

当院の施術で、その症状は

改善へ向かいます。

当院で何年も試行錯誤してテニス肘の治療方法がある程度

確立しました。

よほど症状が重度、通院計画通り来られない、ご自身のケアをされない

上記のことがない限り、改善することができるようになりました。

患部ばかりのマッサージ、電気、ハリ治療で症状が改善されない

そんなお困りの方は、一度当院の治療内容を一部ですが動画で説明していますので、

この治療を一度受けて見たいと思われた方はご連絡ください。

動画は一番最後に載せています。

テニス肘の治療方針

 検査

当院でのテニス肘治療は、患部である肘の治療もしますが

その前になぜ肘が痛くなっているかの検査をしていきます。

まずは骨盤の検査をしていきます。

骨盤というのは腰やお尻周りののことを指すのですが、

肘が痛くなっているほとんどの人が骨盤周りが硬くなっています。

骨盤が硬いと体の柔軟性がなくなり、上半身だけの力で無理やり

打つことになるので肘の負担が大きくなります。

本来は下半身で溜めた力を上半身に伝達するのですが、

骨盤が硬い場合はその伝達が上手くいってないため

腕の力だけで打とうとするため、肘の負担が大きくかかるのです。

当院では骨盤、肩関節、肘関節、手関節といった関係のある

ところをすべて検査していきます。

 

 施術

 

股関節周りの施術

股関節周りをほぐすため、ストレッチ、マッサージをしていきます。

 

肩関節超音波施術

深部の筋肉が緊張しているため、マッサージでは

届かない深い筋肉を超音波治療をつかってほぐしてしていきます。

 

手関節施術

手首も硬くなっているため

関節を矯正していきます。

 

肘関施術

最後に肘周りの施術をしていきます。

 

 サポーター

治療時間以外もいい状態をキープしたいので、

このようなサポーターをしてもらいます。

 

 トレーニング

肘が痛くなるのは体幹の筋肉が弱っているため、

姿勢が悪くなり、肘の負担が大きくなっているので体幹のトレーニングの

指導をさせていただきます。

 

 治療期間の目安

この治療を続けることにより、テニス肘の治療は改善していきます。

早い方は1ヶ月程度の治療期間

重度の方は3ヶ月程度の治療期間を見ていただくようにお伝えしています。

詳しくは動画でご覧ください。

 

 

 

Lineからのご予約について

line-bnr

当院へのアクセス情報

所在地〒559-0003 大阪府大阪市住之江区安立1-4-20
予約お電話・メールでのご予約が可能です
電話番号06-6675-3260
休診日木曜午後、日曜、祝日